イスラム国家・マレーシアの映画館事情まとめ!基本情報から多民族国家ならではの面白体験まで!

画像

イスラム国家・マレーシア。

イスラム教を国教としており、首都クアラルンプールをはじめ、色々な場所でイスラム教の礼拝堂「モスク」を発見することができます。

また、信教の自由も認められているマレーシアは、イスラム教のモスクだけではなく、ヒンズー教の寺院、仏教寺、キリスト教会なども点在しているアジア屈指の多民族国家です。

そんなマレーシアですが、実は国民にとって映画館は超人気娯楽の1つだということをご存じでしたか?とにかく値段が安く気軽に行くことができるマレーシアの映画館!

本記事では、そんなマレーシア映画館の基本情報から、マレーシアならではのユニークな映画館事情についてご紹介します。

目次

マレーシアの映画館の基本情報

まず、マレーシアにはどんなタイプの映画館があるのか?気になる値段や日本語字幕の情報など、映画館の基本的な情報についてご紹介します。

マレーシア在住の日本人の方や、旅行でマレーシアに行くという方も是非参考にしてくださいね!

1.マレーシアにはミニシアターがない?映画館のタイプ

画像
マレーシアのシネコン入口

マレーシアでは、大型デパートやショッピングモールなどに併設されたシネコンタイプの映画館がメジャーです。
TOHOシネマズをはじめとする日本の映画館同様、スクリーン数が多くて、施設が充実しているところばかり。

映画館チェーンの最大手は、GSC(Golden Screen Cinemas)、そして二番手にはTGV(Tanjong)というシネコンチェーンが人気です。

ミニシアター好きの私にとって衝撃だったのは、マレーシア(少なくてもクアラルンプール)にはミニシアターが無いということ。

現地の人にも調べてもらったのですが、イベント用の小さいスクリーンがある程度で「ミニシアターなんてもんはないよ!!」と断言されてしまいました(泣)

ただ、1つ気になったのはクアラルンプールに「コロシアム映画館」というインド映画専門館があるということです!しかもマレーシア最古の映画館だとか。。

次回のマレーシア訪問の際に、チェックしてきます。

2.値段

気になるマレーシアの映画館チケット料金。

結論、めちゃくちゃ安いです!!

日本だと通常大人料金が1900円(最近値上げしました…泣)ですけど、
マレーシアなら大人料金10~20RM(260円~520円)という超格安料金!

そして、日本では珍しいですが曜日や時間帯によって値段は変動します
料金の変動は他の国ではよくあることで、理由は様々ですが、新作だとその分高くなりますし、集客がしずらい時間帯はその分安くなります。

料金の調べ方は後ほどご紹介しますね。

3.字幕事情

次に気になるのが、吹替・字幕事情ですよね。
当たり前ですが、日本語字幕の上映はありません

マレーシアの場合は以下の通り。

英語圏の映画 マレー語+中国語あり(2言語字幕)
英語圏以外の映画マレー語+中国語+英語あり(3言語字幕)


マレーシア全体の人口の約25%を占めるのは中国系マレー人
そのため、中国語字幕は必須で表示されるようになっています。

4.イスラム国家マレーシアならでの映画事情

画像

イスラム国家であるマレーシアでは、女性は肌を出して街中を歩いていけない、などの規則が多く存在します。
映画館も例外ではありません。

イスラム国家マレーシアならではの映画館事情がこちら。

  • 暴力的や性的なセリフにはカット or 無音になる
  • 恋愛系の映画は制約がかかるので上映が少ない
  • 同性愛がテーマのものは完全NG

私が観たアメリカ映画で「F〇〇K!」的な下品なセリフを叫ぶシーンがあったのですが、見事にその部分だけ無音になっていました(笑)
繰り返して叫ぶシーンだったので、所々無音になっていてちょっと面白かったです。

最近では、なんとあのエマ・ワトソン主演映画『美女と野獣』の公開が見送りになりそうになった騒動もありました。悪役ガストンの子分ル・フウがゲイ的なキャラクター設定だったのが問題だったそうです。

結局、PG13指定(13歳未満の鑑賞には保護者の助言・指導が必要)でなら上映OKとなり、無事公開されました。
直接的な表現やセリフがなくても、それをほのめかす描写があるだけでNGのようです。

マレーシアの映画館の4つの魅力

次に、マレーシアの映画館の魅力についてご紹介します。

1.世界的にもマレーシアは映画のチケット料金が安い!

まず第1の魅力は、やっぱりチケット料金の安さ

これは世界的にみてもマレーシアの映画チケットは安いので、利用しなければ勿体ない!(ちなみに1番安いのはインド)

悲しいことに、日本は世界トップクラスの映画料金の高さを誇っています。
そのため、たったの260円~520円で映画を観れちゃうなんて、もはや日本で見るのがバカらしく感じてしまいますよね(泣)

日本映画もメジャーなものであれば上映しているので、マレーシアで日本映画を楽しむこともできますよ!私は『天気の子』をマレーシアでみてきました。

2.公開が日本より早い!

マレーシアでは、ハリウッドをはじめとする海外の新作映画をいち早く観ることができます

そもそも日本って公開がかなり遅いです。
作品によりますが、1年くらい遅い時もよくある話ですし、海外公開での動員を見てから日本で買い付けるかを判断することも珍しくありません。

私は、2019年9月にホラー映画『Ready or Not(レディ・オア・ノット)』をクアラルンプールで観てきました。
アメリカですごく話題になっていたので以前から気になっていましたが、日本公開はまだ未定のようです。

このように、日本ではなかなか観れない最新の海外映画を誰よりも鑑賞できるのがマレーシアの映画館の魅力です!

あわせて読みたい
非公開: 海外で高評価!ホラー映画『Ready or Not(レディ・オア・ノット)』あらすじから感想まで。気...
非公開: 海外で高評価!ホラー映画『Ready or Not(レディ・オア・ノット)』あらすじから感想まで。気... 画像引用:公式Facebookよりアメリカの辛口レビューサイト RottenTomatoseで88%の高評価を叩き出きだした話題のホラー映画『Ready or Not(レディ・オア・ノット)』...

3.3か国語の字幕付きなので異文化体験できる

画像
映画『天気の子』上映中のポスター

マレーシアの映画館で意外な異文化体験ができるのが、字幕です。

英語圏の映画の場合は、マレー語・中国語の2つですが、
英語圏以外の映画の場合だと、マレー語・中国語・英語の3つも表示されます…!

以前、『天気の子』をマレーシアで鑑賞してきましたが、長いセリフの時はスクリーンのほぼ半分が字幕で埋まる光景にはびっくりしました(笑)

多民族国家マレーシアならではの異文化を意外なところで体感できますよ。

4.洋画、中国、台湾、香港、ボリウッド、韓国、日本と幅広いラインナップ

画像
参照:GSC公式サイト

マレーシア映画館の最後の魅力は、多種多様な国の映画を上映していることです。
GSCの上映中サイトをみてみると、現在上映しているだけでも、バリエーションの豊富さを見ることができます!

  • アメリカ映画
  • インド映画
  • 中国映画
  • マレーシア映画
  • インドネシア映画
  • 香港映画
  • 日本映画(アニメもちゃんと上映している!)

他にも、韓国や台湾、ベトナム映画なども頻繁に上映しています。

また、ボリウッド(※)やマレーシア映画は日本や他のアジアの国でもなかなか観れないのでせっかくなら試してみたら面白いかもしれません! 

※インド・ムンバイのインド映画産業全般につけられた俗称

マレーシアの映画館で映画を観る方法

次に、具体的な映画チケット購入までの方法についてご説明します!

大まかな流れはこんな感じ。

  1. 上映スケジュールを調べる
  2. 料金を調べる
  3. チケットを窓口で購入する

1 上映スケジュールを調べる

まずは、映画の上映スケジュールを調べる方法について。
一番簡単なのは、Googleの上映スケジュールで確認することです。

各映画会社の公式サイトを確認する方法もありますが、何の映画館がどこにあって、どの作品が何時にやっているのかバラバラしており、個人的に分かりづらくて利用していません。

一方でGoogleは簡単。
例えば、「クアラルンプール 映画 スケジュール」で検索するだけ。

下記の情報が一発で表示されます。

  •  作品名
  •  映画館
  •  スケジュール
  •  距離
  •  字幕 / 吹替え情報
画像

気になる映画や映画館があれば、リンクをタップして詳細をチェックしましょう。
私はいつもこの方法で映画館のスケジュールを確認していますよ!

2 料金を確認する

マレーシアの映画館は、場所や曜日によって料金が異なります
そのため、各映画館のサイトで確認が必要です。

流れは以下の通りです。

  1. 観たい作品と行きたい映画館を決める
  2. Googleの検索結果から映画館をタップ→公式サイトにとびましょう。
  3. 作品と時間を選択して座席ページへ移動
画像

すると、料金が表示されます。
この方法で料金確認が簡単にできますよ。

このままクレジットカードでチケット購入してもいいですし、
席が空いているようでしたら、窓口で購入するものいいですね!

3 チケットを窓口で購入する

次に、映画チケットを窓口で購入する方法についてご説明します。

マレーシアの映画館はモニターでチケットを購入することができるので、スタッフと会話する必要もありません。
英語に自信がない方でも、自分のペースでチケットを購入できます。

画像
このモニターでチケットが購入できます。クレカもOK!

大まかな流れはこちら。

  1. 言語表示を日本語に切り替える(日本語が無い場合もあり)
  2. 作品と時間を選択する
  3. 支払い(クレジットカード OR 現金)

こちらは日本の映画館と要領は同じですので、分かりやすいかと思います!

4 入場する

チケットが購入出来たら、入場しましょう。

これは映画館によって違うようですが、私が行ったいくつかの映画館はチケットに印字されたQRコードで入場できるシステムでした。

映画館のアプリ会員は、事前にアプリで予約をしてスマホ画面のQRコードを読みこんで入場するようです。
ハイテクですね。。

ちなみに、前回『ライオン・キング』を観に行った時に、いつも通りにQRコードを読み込まれるのかな?と思い、スタッフにチケットを見せたらすごい勢いで破られたという謎の体験をしました(笑)

画像
無残に破かれた私の映画チケット。。

上映中の注意事項

最後に、マレーシアの映画館の注意事項3つをご案内します。

  • 冷房フル稼働で寒いので上着が必要
  • 上映中のおしゃべりやスマホの操作は当たり前
  • 都心は結構混んでいるので早めに到着しておこう(ポップコーンは並ぶ)

東南アジア映画館あるあるですが、季節問わずに映画館の中は常に冷房ガンガンです

私は、上映の途中で抜けて上着を近くの洋服屋で買ったことがあるほど、本当に寒いです。
カーディガン1つでも全然違うので忘れないように気を付けてください。

また、日本と比較するとマレーシアの上映マナーは良くありません
スマホ操作は当たり前ですし、上映中でもおしゃべりしている人が多くいます。

これも異文化体験として楽しめればいいですが、気になる方は人が少ない時間帯に行くようにしましょう。

まとめ

今回は、

  • マレーシアの映画館の基本情報
  • マレーシアの映画館の4つの魅力
  • マレーシアの映画館で映画を観る方法
  • 上映中の注意事項
  • まとめ

についてご紹介しました!

マレーシアならではの映画館事情、お分かりいただけたでしょうか。
是非、みなさんも一度体験してみてくださいね。

目次
目次