Screen X(スクリーン エックス)体験感想!料金は?導入映画館はどこ?基本情報から実際の感想までご紹介

2020 1/15
ScreenX

映画館へ行く時に、皆さんならどんな上映形態で観ますか?
通常の2D上映、立体的に楽しめる3D上映、映像と音が進化したIMAX上映など、色々ありますよね。

ある映画を観に行こうとしても色々な上映形態を選ぶことができるのが最近の映画館事情。その中でも沸々と最近話題になってきているのが「Screen X(スクリーン エックス)」という新しい上映形態です。

本記事では、Screen X(スクリーン エックス)って一体何?他とどう違うの?という方に向けて、基本情報や私が実際に体験した感想や気づいたことをご紹介します。

目次

Screen X(スクリーン エックス)とは?

画像
画像引用:ユナイテッドシネマ公式サイト

そもそも「Screen X(スクリーン エックス)」はまだまだ知名度が低いので、「そもそも何?通常のと何が違うの?」という方も多いはず。まずは「Screen X(スクリーン エックス)」とは何か基本情報をご紹介いたします。

正面だけではなく左右の壁面も活用した、3面スクリーン!

Screen X(スクリーン エックス) 公式YouTubeアカウント

Screen X(スクリーン エックス)は、韓国の超大手映画会社CJ CGVが運営する新しい上映システム。通常は正面に1スクリーンあるのに対して、Screen X(スクリーン エックス)では左右の壁面にもスクリーンを追加し、全3面スクリーンで映画を鑑賞することができます。

2017年夏に東京・お台場にあるユナイテッドシネマお台場内に初導入。その後、各地域に少しずつ拡大中。韓国では既に84つ、海外でも7か国に36つのScreen X(スクリーン エックス)が導入されています。

料金

やはり気になる料金ですよね。
Screen X(スクリーン エックス)の場合は以下の通り。

通常鑑賞料金 + 700円

3D上映( 400円 )よりは高く、4DX上映( 1000円 )よりは安いくらいです。
鑑賞料金1800円+700円で2500円もかかります…。

正直、結構高いですね。。

上映作品

Screen X(スクリーン エックス) で上映する作品は主にアクション系の作品が多いです。

例えば、

3面スクリーンが活かされるのは、激しいアクションなど!そのため、たくさんのアクション映画がスクリーンXで上映されています。

また、『ボヘミアン・ラプソディ』では最後のライブシーンでまるで当時の会場に行ったかのような気分を味わることができました!

導入映画館の一覧

Screen X(スクリーン エックス)はどこで体験できるのでしょうか?

2017年、お台場にScreen X(スクリーン エックス)が日本初上陸となりました。
まだ普及率は高くないですが、毎年少しずつ導入館が増えてきています。

※4DX SCREEN(スクリーンXと4DXが融合したモノ)

実際に Screen X(スクリーン エックス) を体験した感想

画像
ScreenXの映画チケット

2017年に公開した韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』をユナイテッドシネマお台場のScreen X(スクリーン エックス)で鑑賞してきました。私が実際に体験して思った感想をご紹介します。

3面スクリーンに思わず感動!今までにない体験!

はじめてのScreen X(スクリーン エックス)だったので、左右の壁面もスクリーンにした3面スクリーンにとにかく感動しました!

通常だと1つの画面のみだったのが、左右に映像が広がり、座席が包まれます。
それは、まるで映画の世界に入ったかのようで、思わず「わぁあ!」と声に出してしまいました!
そして必要以上に左右をキョロキョロしていました(笑)

ただ、最初はとても感動していたのですが映画を観ているうちに、次第に映像に慣れていってしまい、後半には感動が薄れていました(笑)

ずっと3面スクリーンという訳ではなかった…。

私は、これを知らずにScreen X(スクリーン エックス)に行ってしまい、かなり残念だったのが映画全編ずっと3面スクリーンではないこと。

映画の最初から最後までではなく、本編中の約30分ほどが3面スクリーンになっています。
残りは通常の1面スクリーンでの上映となります。

ずーっと3面スクリーンではないので注意してくださいね!

コスパを考えるとIMAXの方が良い

総合的に考えると、私はIMAX派です(笑)

確かに3面スクリーンは今までにない映像体験なのですが、鑑賞料金+700円の価格に対して、たった3面スクリーンはたた30分という短さ…。
しかも導入映画館が少ないので遠出しないといけないのでコスパが悪いかなと思います。

アトラクションを目的にScreen X(スクリーン エックス)を選ぶのなら良いと思いますが、映画を楽しむのであればIMAXの方が良いです(笑)

まとめ

以上、

  • Screen X(スクリーン エックス)とは?
  • 実際にどう?体験した感想

をご紹介いたしました!

今までにない映画体験!まだ行ったことない方は是非その目で体験してみてください!

目次
目次