広島のおすすめ映画館「八丁座」はまるで歌舞伎座!?世界唯一の和風映画館に行ってきました

2019 12/10
画像

広島といえば、厳島神社、カープの野球観戦、原爆ドームなど沢山の観光スポットがある人気の観光地ですよね。実は、そんな広島に世界唯一の”和風な映画館”があるのをご存知でしたか?

個人的にも日本でトップ5に入るほどのおすすめの映画館なのが、広島にある和風映画館の「八丁座」です。

本記事では、「八丁座」ってどんな映画館なの?という人のための基本情報から、私がおすすめする4つの理由をご紹介いたします。

目次

映画館「八丁座」の基本情報

画像
エレベーターを降りてすぐが受付

広島県八丁堀駅すぐにある大型デパート福屋八丁堀本店の8階にあるのが、世界唯一の和風映画館「八丁座」です。

”広島愛と映画愛の総力を結成して誕生した映画館”というコピーを掲げている八丁座は、広島ご当地の広島地場劇場運営会社という会社が運営しています。

まずは、「八丁座」って何?という方に向けて、料金やアクセス方法などの基本情報からご紹介します。

1.料金

チケット料金は日本全国均一なので、八丁座も一般的な料金です。

2019年5月から、大手シネコンが1,800円から1,900円に値上げしていくなか、八丁座は以前のままの値段をキープしています。
また、ペア割引やメンズデーといった八丁座ならではの割引サービスがあるので要チェック!

大人1,800円
シニア(60歳以上)1,100円
高校生以下1,000円
障がい者割引1,000円  ※同伴者1名様まで1,000円
はしご割引(1作品目が有料の場合に) ※1,100円
最終回割引(18~19時台の上映)1,300円
レディースデー(毎週水曜)1,100円
メンズデー(毎週月曜)1,100円
毎月1日シネマデー1,100円
毎月22日ペアデー2,200円(2人合計)
夫婦50割引2,200円(2人合計)

※八丁座+サロンシネマ(系列の映画館)の2作品以降当日に限り割

2.アクセス

画像
八丁座があるデパート・福屋八丁堀本店

広島県八丁堀駅から徒歩1分の所にあるデパート、福屋八丁堀本店。
そのデパートの8階にあるのが、八丁座です。

大きな建物には、現在上映中の垂れ幕がかかっているので、それを目印にしたら駅から簡単に見つけられます。ただ、エレベータはいつも混んでいて結構待ちますので、混雑する週末は時間に余裕をもって訪れた方がよさそうです。

3.チケット購入方法

現在、チケット購入方法は窓口からのみ

オンライン予約はできません(※2019年12月6日現在)

近年、多くのシネコンで見るようになったチケット購入モニターもなく、直接スタッフからチケットを購入する昔ながらのスタイルです。

しかし!2019年内にオンライン予約が対応する予定とのこと!
お客さんからの要望も多かったようです!嬉しいですね!

4.上映作品は?

画像
画像:公式サイトより

八丁座では、姉妹館のサロンシネマと連携してメジャー映画から、ミニシアター系まで洋画邦画問わずに幅広く上映しています。また、舞台挨拶やトークショー、そして映画祭などのイベントも頻繁に開催。

現在は「食と農の映画祭 2019 in ひろしま」という映画祭が実施されています。また、広島という土地柄から、広島を舞台にした作品や戦争関係の作品も頻繁に上映しており、それも八丁座の特徴の1つでもあります。

5.会員サービス「ごひいき会員証」

画像
画像引用:公式サイトより

八丁座は、姉妹館であるサロンシネマとの共同で使用できる会員制度があります。
年間費はかかってしまいますが、鑑賞料金が安くなったりとお得な特典がついているので、頻繁に映画館に行く人にとってはとてもお得ですよ!

TOHOシネマズをはじめとする、ほとんどのシネコンはポイント制度(6回見たら1回無料)のみなので、鑑賞料金割引もついているのは有難いですね!

会員特典①鑑賞料金がいつでも​一般1400円、シニア(60歳以上)1000円​
②有料入場ごとに1ポイント付与
 6ポイントでご招待券(3か月有効)プレゼント※特別興行は除く
※有効期限内での更新で会員証のポイントは引き継ぎできます。
※入会・継続時に1ポイントプレゼント
年間費500円
有効期限1年間

6.営業時間などの情報一覧

名称八丁座 
スクリーン数2スクリーン(壱 / 弐)
座席壱:167席 / 弐:70席
住所広島県広島市中区胡町6-26 福屋八丁堀本店8F
アクセス八丁堀駅より徒歩1分
電話番号082-546-1158
営業時間初回上映時間の30分前から受付開始
定休日なし
外部サイト公式サイト
八丁座 公式Facebook
八丁座 公式Twitter

映画館「八丁座」がおすすめな4つ理由

色々な映画館を訪れている私ですが、そんな中でも八丁座は日本トップ5には入るほどおすすめしたい映画館です。
なぜそんなにおすすめなのか、その4つの理由をご紹介します。

1.まるで歌舞伎座のような、和風映画館を楽しめる

まず、なんといっても世界でたった一つの和風な映画館を体験できること!

スクリーン壱は歌舞伎座風の赤青緑の横断幕があり、館内の明かりはなんと提灯。
さらに障子や、筆でかかれた手書きの看板、畳の座席まであります。

画像
スクリーン壱の中

写真の椅子は広島を代表する家具メーカーマルニ木工という会社が手がけた劇場用オリジナルシートだそうです。
超フカフカで座り心地は本当に最高でした…。

2.チケットや椅子まで、細部までこだわりと遊び心がある!

八丁座館内では、至る所に小さなこだわり見つけることができます。

例えば、映画の半券。
チケットには、”八丁座からの一言”が言葉が印刷されています。
毎回異なった内容なので、思わず「今回はなんだろう?」と楽しみになってしまいますね(笑)

ちなみに、八丁座の座席の番号は、ABCといったアルファベットではなく、いろはにほへとです。徹底して和にこだわっています!

画像
トイレの表記は「姫」

トイレだってこだわる八丁座!
通常だとトイレの表記は「男/女」ですけど八丁座では「殿/姫」にしており、ここでも和を追及しています。
さらにトレイ内の手洗い場も、陶器で出来ていたりと細部にまでこだわっています。

3.お客さん第一!CMを流さないのが「八丁座」のモットー!

画像
上映前の様子

一般的に、映画館では予告編の前にシネアドというCMが流れます。
みなさんも一度は見たことがあるのではないでしょうか。
ジュエリーや旅行会社、カード会社など様々な企業が広告として映画館でCМを流しており、映画館にとって、この広告費は大切な収入の1つです。

しかし、八丁座ではシネアドをほぼ流しません(あったとしてもたまに地元地域の映像が流れるくらい)

そんな映画館は日本全国でも本当に珍しいです。
一方的に商品をアピールするCМは流さないという、本当にお客さん第一に考えた映画館などだと思います。

また、シネアドは上映せずとも予告編は上映されるので、時間通りに入場すれば余裕をもって本編には間に合いますよ。

4.上映作品の選定にも「八丁座」のこだわりを感じる!

画像
受付ロビーには上映作品のポスターが飾られています

八丁座は広島の映画館ということもあり、広島を舞台にした作品や戦争関係の作品を頻繁に上映しています。

八丁座・サロンシネマでは、広島原爆をテーマにした大ヒットアニメーション作品、映画『この世界の片隅に』を1年間以上にわたって上映していました。片渕須直監督も何度も舞台挨拶やトークショーをしに八丁座に訪れています。

戦争関連以外にも、広島を舞台にした映画も大きく上映しているので八丁座の広島愛を感じることができますね。

「八丁座」に行った感想

画像
受付前

もはやただの映画館ではなく、れっきとした広島観光スポット!

八丁座について、広島の地元の人に聞いてみると、都内はじめ日本全国での知名度はまだ低いものの、広島では結構知名度がある映画館のようです。ローカルの人からきちんと愛されている空間って本当に素敵な場所だなあと思います。

八丁座は映画館でありながら、同時に”日本文化”を体験できるので、もはやれっきとした広島の観光スポットなのではないでしょうか。同じチケット料金を払うなら普通のシネコンより、絶対に八丁座で見るべしですよ!

あと椅子が本当にフカフカしているので是非試してください(笑)

姉妹館の「サロンシネマ」もおすすめ!
画像

八丁座の姉妹館であり、同じ会社が運営しているもう一つの映画館がサロンシネマです。

八丁座から徒歩数分のところにあり、館内の壁には名作映画の名シーンをイメージしたイラストが描かれています。インスタ映えも間違いなしの可愛い映画館です。

そして、スクリーン内には、なんと「掘りごたつ」シートがあります!
是非ここも合わせてチェックしてみてください。

まとめ

今回は、

  • 映画館「八丁座」の基本情報
  • 映画館「八丁座」がおすすめな4つ理由
  • 「八丁座」に行った感想

についてご紹介しました!
なかなか味わうことができない和風映画館「八丁座」、是非みなさんも一度体験してみてくださいね。

目次
目次