アジア映画の元祖!香港の映画館事情まとめ、ほかの国よりマナーが良い?日本のミニシアター作品まで豊富に上映していた

画像

ブルース・リーなど、世界に誇るアジア俳優を輩出する映画大国・香港。

90年代にブレークした『恋する惑星』や『花様年華』をはじめとするウォン・カーウァイ監督の映画をきっかけに香港にハマってしまった私。
それ以来、頻繁に香港に行っては香港の映画館を巡っています。

そして、香港の映画館に行く時に、いつも実感するのは、”日本人にとって居心地がいい”ということ。

他の国の映画館と比較しても、香港の映画館はダントツで日本人におすすめできると言っても過言ではありません!

本記事では、

  • 香港の映画館の基本情報
  • 香港の映画館が日本人におすすめな4つの理由
  • 香港の映画館で映画を観る方法

についてご紹介します。

目次

香港の映画館の基本情報

まず、どんなタイプの映画館があるのか?気になる値段や日本語字幕の情報など、香港の映画館の基本的な情報についてご紹介します。

香港在住の日本人の方や、旅行で香港に行くという方も是非参考にしてくださいね!

映画館はシネコンとミニシアターの2つのタイプ!

画像
大型デパートに併設された シネコン・FESTIVAL GRAND CINEMA

香港の映画館は日本と同様で2つのタイプに分けることができます。

  • 大型デパートやショッピングモールなどに併設されたシネコンタイプ
  • 映画館単体で営業している小規模なミニシアタータイプ

日本でいうTOHOシネマズなどに似たシネコンはもちろん、 都内でいう新宿武蔵野館やアップリンクのようなミニシアターも数は少ないですが香港には点在しています。

中には、昔ながらの渋い映画館もいまだに現役で営業しており、まるで数十年前にタイムスリップしたかのような体験ができちゃうところもありますよ。

値段

やはり気になるのが映画館のチケット料金ですよね。

香港の映画チケット値段は均一ではなく、作品・場所・映画館によって値段が異なります

映画館によって値段が異なる大きな理由は、場所です。
例え同じシネコン系列の映画館だとして、中環(セントラル)エリアのような中心地だとより値段が上がり、郊外になればなるほど安くなります。

価格帯は50〜130香港ドル(約696〜1800円と幅広く展開されています。

日本同じくらいか、場合によっては半分以下の価格で観ることができるのが香港の映画館です。そのため、安い映画館・時間帯を探す方法を知っているとかなりお得に観ることができます。 その方法は、後述でご紹介します。

吹替/字幕

次に気になるのが、吹替・字幕事情ですよね。
当たり前ですが、日本語字幕の上映はありません。

ヨーロッパの映画館だとほとんどの作品が吹替だった…ということも珍しくありませんが、香港は以下の通り。

英語圏の映画 広東語(中国語字幕)あり
英語圏以外の映画 英語字幕+広東語字幕 (中国語字幕)あり

香港の映画館で有り難いのは、英語の字幕があることです!
他の国だと英語字幕すらない所が多いのでこれは本当に助かります。

そのため、もし英語のリスニングに自信がなければ、 ヨーロッパや韓国など英語圏以外の映画を英語+中国語字幕付きで観ることをおすすめします。

中国語が全く分からない私ですが、漢字のニュアンスで意外と理解できたりしますよ(笑)

香港の映画館が日本人におすすめな4つの理由

他の国々の映画館と比較して、香港の映画館が日本人におすすめな理由を4つに分けてご紹介します。

画像
香港のミニシアター・ブロードウェイ・シネマティーク(Broadway Cinemathegue)

1.ハリウッドだけじゃない!アジアの新作映画もいち早く観ることができる!

香港では、日本ではまだ公開されていない新作映画をいち早く観ることができます

ただ、これは香港の公開が早いというより、日本での公開が遅すぎるのが問題なので、
アメリカや他の国でも香港同様に世界最速のタイミングで映画を観ることができます。

しかし、香港ではハリウッドだけではなく、アジアを含んだ様々な国の映画を最速で楽しむことができるのです!

ハリウッドはもちろん、ヨーロッパ・韓国・そして中国の映画をいち早く観ることができるのは世界でも香港くらいではないでしょうか…?

2.他の国と比較すると、香港人は上映マナーが良い!

海外の映画館でどうしても気になるのが上映マナーです。

上映中にスマホをいじるのは当たり前、前の椅子に足をかけて鑑賞する、途中で入退場を繰り返すなど日本人にとってはちょっと考えられない行為が当たり前なのが海外の映画館です。(一応上映前にマナーを守りましょうという映像はどの国も流れているのですが…)

しかし、香港の映画館ではこういったマナー違反はほとんど見たことがありません

もともと香港人はマナーが良い方が多いので、上映中のスマホやおしゃべりもほとんどなく、映画に集中することができます

そのため、日本人にとっていい環境で映画を楽しむことができまよ。
強いて言うならば、面白い時は、みんな声に出して笑います!笑

3.日本より鑑賞料金が安い!

基本情報の中でも紹介したように、やはり鑑賞料金が安いことも香港映画館の魅力の1つ。

正直、タイやマレーシアの鑑賞料金(500円前後)と比較してしまうと決して安くありませんが、日本と比較するとまだまだ安いのが香港の鑑賞料金です。

また、香港は映画館や曜日によって料金変わるので工夫次第で安くできます。
調べる方法は後述でご紹介します。

4.日本映画が頻繁に上映されている!

画像
ブロードウェイ・シネマティーク(Broadway Cinemathegue) に展示『ウィーアーリトルゾンビーズ』

実は、香港では日本文化が大人気!

香港のコンビニやスーパーでは日本のお菓子やドリンクなども多く取り扱われており、
日本のアニメやドラマ、そして映画も大人気です。

そのため、たくさんの日本映画が香港では公開されています。

公開の時期は日本より3ヵ月以上遅い場合がほとんどですが、
天気の子』などの日本を代表する作品はもちろん、『ウィーアーリトルゾンビーズ』や『宮本から君へ』などのミニシアター作品も香港では観ることができますよ!

香港の映画館で映画を観る方法

香港の映画館で映画を観るには、各映画館の公式サイトを確認したり、Google検索で確認したりといくつか方法があります。

その中でも、私がいつも愛用しているのが「HongKong Movie(香港電影)」というアプリ(webサイトもあり)です!

画像
猫眼-电影娱乐看猫眼
アプリApple Store / Google play 
webサイトhttps://hkmovie6.com
価格無料

単純に上映スケジュールを調べることができるだけではく、以下のような色々な便利な機能も備わっているため、このアプリさえ確認すれば困ることはありません!

  • 上映スケジュールが一覧で確認できる
  • 価格が一覧で確認できる
  • 位置情報から近い映画館をおすすめしてくれる
  • 時間帯や上映形態(3Dや4DXなど)でフィルター検索ができる
  • アプリからそのまま鑑賞チケット購入できる
  • ユーザーの評価やレビューが見れる(英語or広東語)

本記事では、そんな「HongKong Movie」を活用した方法をご紹介します。

1 上映スケジュールを調べる

画像
  1. アプリを開く
  2. 見たい作品を選ぶ
  3. showtime(上映時間)をタップ

という3ステップで簡単に上映スケジュールを検索できます。

画像

上映スケジュールはこのように一覧で表示され、以下の情報が整理された状態で確認することができます。

  • 映画館名
  • 上映開始時間
  • 字幕・上映形態
  • 座席の空席情報(時間をタップすると表示されます)

また、映画館名をタップすると映画館の詳細(場所・他の上映中作品・公式サイトなど)も見ることができますよ。

これは便利! 「フィルター機能」
画像

実は、このアプリには隠れた便利機能がたくさんあります。
おすすめなのが、上映スケジュールページの左上にある「Filter(フィルター)」機能!

ここをタップすると、時間帯・座席・地域・上映形態をフィルタリングして時間を調べることができちゃうのです。

「仕事終わりに、この映画を3D上映で観たい」と思った時などに、フィルターをかけて検索できるので非常に便利ですよね!

2 料金を調べる

記事の前半でもお伝えしたとおり、香港は映画館や時間帯によって料金が異なります。
このアプリでは、チケット料金が一覧でみることができるため、非常に便利です!

画像

料金の確かめ方は、上映スケジュールの右上にある「$」をタップするだけ。
すると、緑の時間の表示が、料金に変更されます。

同じ映画なのに映画館によって、75~110香港ドル(1000円~1500円)と価格が異なることが分かりますね…

緑のボタンをタップすると、座席のページにいき、そのままチケット予約ができるので非常に便利です! 香港で映画を観に行くときは、必ずチェックしましょう。

3 映画のチケットを購入する

先ほどのステップで、欲しいチケットが確定したら、2つの方法で購入することができます。

  • ネット予約する
  • 直接窓口で買う

ネット予約したい場合は、先ほどご紹介した方法でそのまま購入することができます。

また、窓口で購入したい場合は、受付のスタッフから直接買うか、入口にあるディスプレイから買うことができます

画像

要領は、ほぼ日本と同じです。

  1. 言語表示を設定する(英語か中国語)
  2. 作品と時間を選択する
  3. 支払い(クレジットカード / 現金 / Octopusカード)

支払い時に、Octopusカード(日本でいうsuicaやPASMOのような電子カード)も対応しているのが地味に便利です!

上映中の注意事項

最後に、香港の映画館での注意事項をご案内します。

  • 館内は極寒夏でも上着はマストです。
  • 飲食の持ち込みが意外と厳しい。やるならコッソリと。
  • CM・予告編は短い。時間ギリギリにならないように!

香港は映画館に限らず、夏でも冬でも冷房がガンガン効いています…
上着は忘れないようにしましょう!

また、映画館によるかもしれませんが飲食の持ち込みが意外と厳しいです。
私も何回か注意されたことがあります…(泣)
もし持ち込みたい場合は、鞄にこっそり入れておきましょう!(笑)

まとめ

今回は、

  • 香港の映画館の基本情報
  • 香港の映画館が日本人におすすめな4つの理由
  • 香港の映画館で映画を観る方法

についてご紹介しました!

香港に住んでいる方はもちろん、香港旅行の穴場スポットとしてもおすすめです!

是非、足を運んでみてくださいね。

目次
目次